“Factory Tech”

Open Innovation 2018

Powered by 三菱UFJリサーチ&コンサルティング LEAP OVER

「ファクトリー・テック」をテーマとしたハンズオン型マッチング支援事業
世界中の工場に革新を起こすスタートアップを募集します

豊田市内の自動車関連企業、その他全国の製造業企業と、スタートアップの連携を支援するマッチング事業、“Factory Tech” Open Innovation 2018。本プロジェクトに参加するスタートアップを募集します。

工場での実証実験、PoCに取り組むためのパートナーを探している、製造業企業との共同開発・業務提携を希望している。このようなニーズを持つスタートアップはぜひご参加ください。貴社のニーズに合った製造業企業(大手~中小)を個別にご提案・マッチング支援させていただきます。

この取り組みは、豊田市役所及び、経済産業省関東経済産業局から弊社(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)が受託する事業の一環として実施するものです。行政や公的機関が仲介役となり、スタートアップと製造業のオープン・イノベーションを推進することを目指しています。

 

事業の全体像

 

工場での実証実験、PoC、製造業との共同開発・業務提携を希望する“Factory Tech” スタートアップを対象に、ニーズに合った製造業企業(大手~中小)を個別にご提案・マッチング支援する事業です。

政府・地方自治体・産業支援機関の持つ製造業企業ネットワークを活用して、最適なパートナーを個別にご紹介いたします。

マッチング後には、適切な提携関係を構築できるよう、約4か月間にわたり、ハンズオンでのサポートを提供します。

この取り組みは、豊田市・経済産業省関東経済産業局の施策として実施するもので、ご参加にあたり料金等は発生いたしません。

参加のメリット

  • 01

    01

    行政や公的機関の製造業ネットワークを活かしたマッチング支援

    ・豊田市や関東経済産業局が有する、全国の製造業等の企業ネットワークを活かし、貴社に最適なパートナー企業を提案。お見合い形式のマッチング機会をご提供します。

    ・行政が関与することで、スタートアップと製造業が、信頼関係を構築しやすくなります。

  • 02

    02

    約4か月間のハンズオン支援

    ・ご希望の製造業企業とのマッチングが成立し、具体的な取り組みを進めていくことが決まった場合、三菱UFJリサーチ&コンサルティング及び外部専門家による、約4か月間のハンズオン支援を受けることが可能です。

    ・その期間、連携がスムーズに進むように、定期的な開発会議の運営や、利害の調整、知財相談対応など、貴社ニーズに応じた支援をご提供します。

     

  • 03

    03

    DEMO DAYでの情報発信

    ・2019年2月頃に、豊田市事業では豊田市内のものづくり創造拠点にて、経済産業省関東経済局事業では都内にて、それぞれDEMO DAYを行い、コアなユーザー接点をつくる機会とします。

  • 04

    04

    開発費の一部補てん

    ・豊田市内の企業とのマッチングが成立した場合に限り、連携によるソリューション開発等にかかる費用のうち、70万円(税込)までを補てんいたします。

まずは、説明会にご参加ください!

本事業にご関心を持っていただけた場合、まず個別説明会にご参加ください。事務局から、本事業の詳細についてのご案内等をさせていただきます。個別説明会は、8月20日(月)までの期間で、随時行っております。参加ご希望の方は、電子メールにてご連絡ください。

説明会参加希望ご連絡方法

メールの送付先 :

y.kita@murc.jp

メールタイトル :

説明会参加希望

本文記載必要事項 :

・貴社名

・参加希望日時 : 候補を3つご提示ください(例:8月8日 10~11時)

・希望の参加方法:対面のミーティング または スカイプなど

担当者 :

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 経済政策部 北洋祐

会場(対面の場合)  :

 

東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー
http://www.murc.jp/corporate/office
東京メトロ日比谷線 神谷町駅3番出口より徒歩3分

スケジュールをご確認ください!

昨年度の実績と結果

この事業は、昨年度に続く2度目の開催です。昨年度は豊田市において、東京のスタートアップ2社と自動車関連の豊田市内製造業4社のマッチングに成功し、大きな成果を生み出しました。

 

(事例)東京のベンチャー企業「ロビット」に、トヨタ自動車のティア1にあたる自動車部品大手(協豊製作所、小島プレス)2社が協力する形で開発されたソリューション。自動車部品メーカーでは、取引先からの品質に対する要求水準が年々高まっており、外観検査の工程にかかる負担が重くのしかかっているうえ、人手不足・高齢化によって検査員の確保も困難になりつつある。本ソリューションは、現在はほとんどの企業が検査員による目視検査をおこなっている「外観検査」の工程を、ディープラーニングによる画像認識によって自動化し、大幅な効率化を実現するもの。

 

この他の事例等については、以下の外部メディアの記事にまとめていただいております。

 

「IoTミシン、外観検査、自走する大画面――豊田の製造業とベンチャーがタッグを組むプロジェクト」(MONOist)

 

「自治体発アクセラレーション——豊田市がスタートアップと地元企業によるマッチング成果を発表」(Fabcross)

 

応募要件

  • 国内の製造業企業(特に自動車や航空機、産業用機器、電気機械、食料品等)との、業務提携・PoC・共同開発等を望んでいる。

  • 工場での生産技術革新、製造プロセス改善、生産性向上に寄与する技術・ソリューションを企画・開発している。

  • 設立10年未満の企業で、大きく急激な成長を志向している。

  • 情報技術やロボット技術を活用して、未解決の課題にアプローチしている、あるいは、既存のものに比べて数倍以上の効果が見込めるソリューションを開発している。

  • 事業の内容が公序良俗に反していないこと。

  • 反社会的勢力に該当すると認められる場合は、お申込みを受け付けすることができません。

よくある質問

説明会について

  • Q.

    説明会に参加しないと提案応募できませんか?

    A.

    参加するためには、原則として説明会でプログラムの詳細を聞いていただく必要がございます。どうしても参加できない場合は、ご相談ください。

選考について

  • Q.

    最終的にマッチングが成立する企業数は何社ですか?

    A.

    5社程度(豊田市で3件、その他地域で2件)を予定しています。

アイデアや知的財産について

  • Q.

    アイデアや知的財産は誰に帰属しますか?

    A.

    参加者が提供した情報・アイデアは許可なく外部に公開する、あるいは本プログラム以外の目的に利用する事はありません。ただし、マッチング先企業の秘密情報に基づく場合、当該企業との共有になります。本事業の中で開発したプロダクトに関する知的財産は、原則としてスタートアップ側に帰属することとしますが、スタートアップ及びマッチング先企業の意向を考慮して個別に調整させていただきます。

その他

  • Q.

    LEAP OVERとは?

    A.

    LEAP OVERとは三菱UFJリサーチ&コンサルティングが実施するOpen Innovationサポートチームの名称です。

  • Q.

    三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)とは?

    A.

    三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームです。